前へ
次へ

税理士試験を受けてみよう

税理士とは、税金の専門家であり、納税において納税者の依頼に応じ、各種税金の申告と申請や税務書類の作成、税の不服審査手続きを行います。また税に対する相談も受けます。では、その税理士になるには、税理士試験を受ける必要があります。これは、税理士が国家資格だからです。その受験資格は主に、大学・短大・専門学校で法律学や経済学で税理士に関する覆修科目を取得するか、23年以上税務署に勤務した者が、指定研修を受けた国税従事者です。そして、2年以上租税や会計に従事した者に限ります。また、弁護士や公認会計士も受験可能です。試験は年に一回、8月の第一週の火・水・木に、札幌から沖縄まで全国主要都市8都市で行われます。合格率は年度によりますが、10%から20%です。少々狭き門ですが、税理士は近年の高齢化社会に伴い、租税依頼だけでなく、終活や遺産相続など、その依頼は増えています。これからニーズが増えていく職種なのです。

top用置換

top用置換2
Page Top